学習教材

チャレンジタッチの学年先取り学習に潜む4つのリスク!失敗しないために要チェック!

ベネッセのこどもちゃれんじ(幼児コース)では、1,2年先取りして受講している方を度々見かけましたが、小学講座のチャレンジタッチ(タブレット)でも実際の学年より上の学年の内容を先取り学習することは可能です。

可能ですが…、いくつかのリスクがあります。

チャレンジタッチの先取り学習開始を検討した上でやめた私が、調べたり、実際にベネッセさんに問い合わせて分かったことをまとめます。

チャレンジタッチの学年先取り学習には、4つのリスクがある!

チャレンジタッチ1年生のトップ画面(チャレンジタッチで学年先取り前に知るべきことの記事内画像)

わが家では、既に姉(小2)がチャレンジタッチを受講しています。姉が使っているのは実際の姉の学年に併せた内容で、先取りはしていません。
今回、そんな姉のチャレンジタッチに興味津々の長男(年中)にどうかなと色々調べたたところ、チャレンジタッチの学年先取り学習に4のリスクがあることが分かりました。

一つずつ解説していきます。

チャレンジタッチ学年先取りのリスク①「学校授業への興味が低くなる」

チャレンジタッチ小学1年生の国語の問題(「学年先取りのリスク」記事内)

チャレンジタッチに限らず言われている事ですが、本来の学年より上の学年のことを勉強すると、学校の授業内容が簡単になり、新鮮味もなくなるため興味が低くなってしまうことがあるようです。

もちろん、周囲の友達より「分かる」ということは、周りの子に「凄い!」と言われ、自信を深めていくこともあるでしょう。

私自身が小学生の時にも、算数のクラスで何年も先の算数をやっている男の子が、周囲から尊敬されていましたが、算数の授業中はというと、ノートに絵を描いて退屈そうでした…💦。

これだと、困りますよね。中学受験を目指す人は特にですが、成績や内申点、先生の心象に悪く響いてしまっては、本末転倒になってしまいます。

予習は大切ですが、学校授業への興味は継続して持っていてほしいので、バランスは大切だと思います。

チャレンジタッチ学年先取りのリスク②「集中した反復練習の機会損失」

チャレンジタッチ小学1年生7月号の算数の内容(「学年先取りのリスク」記事内)

勉強は、予習➡学校授業➡復習で「繰り返す」ことで内容が記憶に定着していきますよね。

ベネッセの進研ゼミは、教科書に準じた内容になっています。これは、チャレンジタッチも同様です。

個人的には、算数だけでなく国語で顕著だと思うのですが、教科書に取り上げられた話を学校の授業が掘り下げてくれて、その要点を学校やチャレンジタッチでまとめていくことで、子どもの理解の深さが変わります。

ところが、学年の先取り学習をすると、手元に教科書がないので、チャレンジタッチで出てくる問題を通してのみの学習になり、「繰り返し学習」「反復練習」といった学習をする機会が半減してしまうと思っています。

自分の学年と違うものをやるということは、「集中した一定期間に反復学習をして理解を深める機会を減らしてしまう」かもしれないリスクがあります。

チャレンジタッチ学年先取りのリスク③「親の手助けも必要になり、チャレンジタッチの良さ半減」

チャレンジタッチの電子図書館内で読めるもの画像1年生から利用可能(「学年先取りのリスク」記事内)

チャレンジタッチは、タブレットで問題の自動丸付けや解説をしてくれる学習サポート教材で、これはタブレット学習ならではの大きな魅力の一つだと思います。

ところが、チャレンジタッチが各トピックの冒頭動画で説明してくれることが理解できないと、結局、親が解説したりサポートする必要があります。

学校で内容を習っているわけではないので、親の手助けは「先取りしない場合」より増えるという懸念がぬぐえません。

また、学校の宿題等を通して学習した範囲がカバーされるわけではないので、練習できる問題数も、先取りしない場合よりも少ない中での理解が求められます。

チャレンジタッチの学年先取り学習では、子どもの学年が上がれば上がるほど先取り学習内容が高度になり、子どもにも親にも負担がかかるため、チャレンジタッチの良さが半減してしまうリスクがあります。

チャレンジタッチ学年先取りのリスク④「学年先取りをやめるとき、別途タブレット購入することになる可能性がある」

チャレンジタッチ小学1年生のプログラミングの問題 国語力も絡んでくる(「学年先取りのリスク」記事内)

学年の先取り学習をする場合、1年ないし2年程の先取りを選択する方が多いと思いますが、学年が上がれば上がるほど、学習内容が難しくなり、学習量の負担ものしかかってきます。

例えば、「小学校3年生になったら、2年先取り(小5の学習)するのをやめさせてタブレットで学習できる内容を実際の学年と同じ3年生に戻してもらおう!」なんて考えている方、それ、今使用しているタブレットでは出来ないのでそもそも最初の学年先取り契約に注意が必要なんです!

実は、チャレンジタッチのタブレット(チャレンジパット)を入手した時に設定されている学年は、後から変更することは出来ません!!!

つまり、学年の先取り学習内容が「5年生」というタブレットを使っていたら、そのタブレットは1年経つと6年生用になります。

休会、退会していても同様のようです。

(仕様的に?)同じタブレットを「3年生用の内容」に変更することができないんです(ベネッセさんに確認しました!)。

タブレット端末は、契約時に受講する学年に紐づいているようです。

では、3年生用の内容を受講するにはどうすればいいかというと、また、別のタブレット端末を購入することになる可能性があるんです。

1台目のタブレット端末は、6か月以上の長期利用している方は実質0円で入手されたかと思いますが、ネットを見ていると2台目では適用されなかったケースもあるようです。

(2台目でも、半年以上続ければタブレット代は実質無料になるようなのですが、どういう状況で有料になったのかがちょっと分かりませんでした。6か月未満でまた退会したのかしら…)。

おそらく、チャレンジタッチでの学年先取りを検討される方は、子どもが幼児か小学校低学年という方が多いでしょう。

「チャレンジタッチ」というスタイルの新しい通信教育サービスが始まったのは2014年で、まだ比較的新しいので、これからこの「チャレンジタッチの学年先取り」問題に直面する方が増えてくると思います。

ちなみにこれ、以前行ったスマイルゼミの体験会でも同じことを聞いて、今回ベネッセさんにも電話で問い合わせて確認してみましたが、同様でした。

\スマイルゼミの体験会に参加したよ!/

スマイルゼミ体験会 辛口
スマイルゼミ体験会を辛口レビュー、チャレンジタッチ継続を選んだ理由スマイルゼミ体験会に参加したチャレンジタッチユーザーによる、ちょっと辛口の感想!体験会の雰囲気や2020年特典に加え、担当者さんの話、費用の考察、全体&ハード面、学習コンテンツ面のレビュー、親と子の感想などを紹介します。...

補足ですが、一部のサービス(夏休みの作文コンクール)等は、先取り等では応募できなかったような…。

チャレンジタッチの学年先取りを考える際には色々と検討してみてくださいね。

チャレンジタッチの学年先取りをやめて退会し、数年後にまた実際の学年で入会した場合は?

チャレンジタッチの件でベネッセさんに問い合わせた時、「チャレンジタッチの学年先取りをやめて退会し、数年後にまた実際の学年で入会した場合」についても聞いたので、シェアします。

先述した通り、チャレンジタッチは学年に紐づいています。

例えば、2学年分を先取りしていて、小学校2年生になるとき(内容は小学校4年生)に退会し、2年後、実際に小学校4年生になった時に再入会すると、以前使っていたタブレットだと、休会中も内容が2学年分進んでいて小学校6年生の内容になっているそうです。

(ネットの口コミ情報(➡)ですが、この使用しなかった期間にタブレットを改造するなどしていじってしまうと、再入会時にはもう使えないそうなので注意!)

実際に子どもと同じ小学校4年生の内容を受講したい場合は、再入会の時に、新しくタブレットを入手する必要があるようです。

余談:退会時には原則タブレットは手元に残りますが、受講契約期間中に学年を変更して受講を継続したい場合は、タブレットを返却するケースもあるようですよ(ネット口コミ情報)。

私がチャレンジタッチの先取りを断念した理由

チャレンジタッチ小学1年生から使える英単語アプリの単語の画像 覚えたらクイズで定着させられる(「学年先取りのリスク」記事内)

現在、年中の長男は、(親バカかもしれないですが(笑))理解力が速いです。

ひらがな、カタカナや一部漢字も読み書きできますが、特に数字に興味が強くて、掛け算も姉と一緒に覚えましたし、あまりのある割り算も自分からやりたがります。

中学受験は基本させない方針ですが、いずれ本人が希望すれば国公立限定で(3人兄弟なので、私立は高校受験以降からの方針)挑戦するかもしれません。

偶然ですが、興味ある分野が「算数」という勉強に直結するところだったので、姉がやっている「チャレンジタッチの学年先取り学習」も少し考えました。

ただ、先取り学習について調べていく中で、上記の①~④のリスクを鑑みて、「学校授業は楽しみにしていてほしい」「反復練習の機会は減らしたくない」「せっかくのタブレットならメリットを生かしたい」「タブレット端末問題」といった理由から、やっぱり今はタブレットによる勉強よりも自分の興味あることを自由にさせて遊ばせたいなと思いました。

当の本人は今、ナンプレやマリオメーカー2のコースづくりに夢中です。(これがまた、なかなか複雑なコースを作るんです(笑))

好きなことに熱中する時の集中力や感覚、興味を今の時期は出来るだけ広げて伸ばしてあげたいなと思っています。

というわけで、小学校に入るまでは、たまにドリルなどを買って「数字への興味」には対応していきたいと思います。

今後、検討するとしたら、タブレットではなく、「紙教材」です。

紙教材なら、「タブレット型学習」という点でのデメリットはなくなります!

チャレンジタッチ先取り学習のリスクまとめ

チャレンジタッチ自体はとてもよくできている学習サポート教材だと思います。サービスの質も年々上がっています。

ただ、私は、チャレンジタッチでの学年先取り学習には、課題があるように感じました。

わが家では、現在年中の子どもの学年に併せて、小学校になった時にチャレンジタッチの受講を開始したいなと思います。

チャレンジタッチの学年先取り学習を考える際の検討材料になれば幸いです。

学年先取りするなら、ベネッセの紙教材がおすすめ!「思考力特化コース」「思考力養成プログラム」に注目!

学年先取りをベネッセさんでするなら、学年調整しやすい「紙教材」を推します。

もし、学習内容が合わなければ、学年を変更することがタブレットより容易です。

また、ベネッセの紙教材では、「思考力強化」を後押しするコースやプログラムもあります!

こどもちゃれんじの「思考力特化コース」に注目!

進研ゼミの幼児向けコースでは、よく知られている「総合コース」に加えて、「思考力特化コース」も新しく出来ました。

「思考力特化コース」は、ベネッセのこどもちゃれんじではお馴染みのエデュトイがつかず(年1だけ)、ワークブックによる思考力強化を「総合コース」と同じ価格でできるというコースです。

(どちらかしか選べないようですので、ちょっと学習を深めたい子用になると思います。)

\未就学児向けの各コース詳細をチェックしてみる!/

ベネッセの小学生用紙教材「思考力養成プログラム」に注目!

更に、小学生用の学習でも、紙ベースのチャレンジの場合のみ(チャレンジタッチ受講者は郵送料の問題からか選択できない)「思考力養成プログラム」に申し込むと応用と思考力をつける教材を追加費無料でリクエストできるようです!

ただ、チャレンジタッチ受講者も有料オプション教材として紙教材の「考える力・プラス講座」(中学受験等検討の1,2年生向け)、「国語算数発展ワーク」(1~4年生)などを追加できます。

ベネッセの教材が物足りないなら、学年先取り学習を進める前に、子どもの「思考力強化」できるものをやってみてもいいかもしれません。

チョコママ
チョコママ
タブレット学習が増えてきている時代ですが、ベネッセの場合、従来の紙教材にもまだまだ注目ですね!!

\ベネッセの紙教材やチャレンジタッチ資料を改めてチェック!/

チャレンジタッチ(ベネッセ進研ゼミ)の悪い評判から考察する受講者の口コミ記事 トップ タブレットの性能、文字判定、学習量、兄弟割引キャンペーンなど
【受講者口コミ】チャレンジタッチで後悔?知っておきたい悪い評判と実態10選子どもの学習教材選び、失敗したくないですよね。小学校1年生からチャレンジタッチ受講中のわが家が、チャレンジタッチで後悔しないために知っておきたい悪い評判とリアルな口コミをまとめます。おすすめの人は?兄弟割引の時期は?契約前に要チェック!...
ャレンジタッチに、プリキュアのスターカラーペンが使える
チャレンジタッチのタッチペン代用品に、スターカラーペン(プリキュア)が使える!スター☆トゥインクルプリキュアの「スターカラーペン」、実はベネッセの進研ゼミ「チャレンジタッチ」で使用できます!使わないなんて、勿体ない!「今日はどのペンで勉強しようかな」と、子どもが気分によってペンを変えたり、やる気を出してくれるきっかけになるかも!...
チャレンジタッチの電子図書館の絵本をリストアップ【2020年度4月版】
チャレンジタッチの絵本リスト【2020年4月版】追加費用無料で読み放題!ベネッセの進研ゼミ受講者が使える電子図書館。絵本や児童書、図鑑など約1000冊の蔵書が追加受講費無料で読み放題!この記事では、2020年度4月時点読むことができる「絵本94冊」をリストアップ。使わないと勿体ない機能です。...